ビジョン2030

ビジョン2030 成長の姿

エネルギー転換の分岐点となる2030年に向けて、中核事業の更なる拡大とクリーンエネルギー市場に向けた新製品開発に注力します

「ビジョン2030」はハマイの経営理念を基に、エネルギー転換の分岐点となる2030年を見据えた長期戦略です。エネルギー業界に深く関与するバルブ機器メーカとしての役割と、成長の道筋や目標を策定します。

20世紀初頭から戦後の高度成長期を経て現代に至るまで、エネルギーは私たちの生活と産業を支え続けてきました。その中でハマイは一般家庭用を中心としたLPG関連機器と産業用高圧ガス・特殊ガス関連機器を安定的に供給してきました。
今後もこれら機器の省力化に貢献していくとともに、多様化する産業機器・装置産業向け製品を拡充していきます。

更に成長性の高いクリーンエネルギ―市場を見据え、長年開発を継続してきた水素関連機器の市場投入を目指してまいります。

日本国内では各種産業用機器を中心に注力すると共に、
半導体や水素関連機器等をグローバル展開していきます

ハマイの商品は日本の主要家庭用エネルギーであるLPガスの容器弁と、産業用高圧弁や配管用バルブを通して、エネルギー界・産業界で長きに亘りご愛顧頂いております。また、更なる成長が期待出来る半導体関連業界に関しましては、国内市場に止まらず海外市場への展開も視野に入れ、韓国にも生産拠点を置き東アジアマーケットへの拡販に注力いたします。

更に、成長戦略製品である水素関連機器に関しましては、水素の製造→貯蔵→輸送→消費と様々なシーンでのニーズが存在しますが、特に水素燃料電池車の開発に注力している自動車メーカー及びエンジニアリングメーカーとその拠点の在る各国をターゲットとしています。